700万ドルの資金調達をしたばかりのWeb3美容企業Kiki World Miss Web3の最大スポンサーになる?

Web3の技術と価値との組み合わせは、多くの伝統的な業界が停滞期を突破し、急速に注目を集めるのを実現するという新しい道のりであり、医療・美容業界の従業者もこの方向に力を入れています。

美通社によると、4月9日に米国時間で、Web3スタートアップ美容企業であるKiki Worldが700万ドルのシードラウンドの資金調達を完了したと発表されました。a16z Crypto、New Incubation Ventures(エスティローダーの子会社)、OrangeDao、2Punks Capitalなどが出資しました。

資料によると、Kiki Worldは、ブロックチェーン技術を活用した美容製品の開発型コミュニティプラットフォームであり、ユーザーは美容製品が製造される前に、投票によって製品のデザインや機能性を決定することができます。2023年に設立されたKiki Worldは、この前にNFTをリリースしたことがありますが、それほど注目されませんでした。設立からわずか1年ぐらいのKiki Worldがなぜ700万ドルのシードラウンドの資金調達を得られ、さらに豪華な投資家陣が集まったのでしょうか?その答えを見つけようとするために、アメリカに離れる遥かな彼方にある韓国に視線を向けてみましょう。

地球の向こう側で、ブロックチェーンワールドで初めてのミスコンテストであるMiss Web3が韓国のソウルで開催され、世界中の注目を集めています。暗号資産の超上昇相場を背景として、ウォール街の資本家やアメリカのトップ投資リサーチチームは、女性の価値や魅力がWeb3技術を通じて十分に表現されることを見極めましたが、こういうトレンドを引き起こすには何かしらのきっかけが必要です。ちょうどいいタイミングで行われたMiss Web3イベントは、トレンドを把握する大資本側が機会を敏感に捉えた結果です。

a16zを代表とするアメリカの資本家が今回Kiki Worldに投資した理由は、Web3というツールを通じて世界中の女性がブロックチェーン技術とプラットフォームの活用によって美しくなる権利を再定義することができるようになるということです。これは医療美容産業の巨大なビジネス価値を効率的に活性化させ、Web3の名を広く知られるようになることを実現する効果があります。しかし、Kiki Worldのデメリットは比較的に明らかであり、設立から時間が経っておらず、Web3という完全なクローズドループ・エコシステムを構築していないため、今後、運営やプロモーションは大きな課題となります。

このような背景から、Miss Web3の組み合わせ及びその価値生態系の重要な構成要素になることで、Kiki Worldはブランドの爆発的な成長とトラフィックの急増が実現できるので、そのグローバルな明るみに出る期間を短縮し、Web3女性美容製品デザインのリーディングコミュニティになる可能性があります。

伝聞によると、前の判断に基づき、Kiki WorldプロジェクトチームはすでにMiss Web3とのオフィシャルな協力の準備ができ、それに相応する下仕事が始まっています。Kiki Worldチームの中心メンバーは、身をもって韓国に赴き、Miss Web3イベントの知名度を活用することによって、ブランドの披露を最大限に実現する予定です。

さらに、Miss Web3の最終地点であるアメリカのラスベガスで、Kiki Worldは地元の会社であるという利点を活かし、このイベントの最大のスポンサーになりたいと考えています。最近資金調達を終えたKiki Worldのプロモーション予算は比較的に十分であり、背後にいる投資家はMiss Web3との協力がプロジェクトの発展にとって重要な機会であり、今後のラウンドで、多額な資金調達を追加するという可能性が大きいと述べております。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ: